+ 9 More
小瀬鵜飼(関遊船株式会社)
薄暗闇にかがり火、屋形船にのって間近でふれる幻想的な鵜飼
どんなところ?

一千有余年の歴史を持つ鵜飼。現在も宮内庁式部職として宮中の御用を続ける鵜匠は、全国でも関市の「小瀬鵜飼」と岐阜市の「長良川鵜飼」のみ、とのこと。

鵜船と屋形船が並行して川を下りる小瀬鵜飼、伝統の漁法を間近で体感できます。

「鵜飼ねぇ……」と思っているあなたも、まるで過去にタイムスリップしたような光景に感動すること間違いなし。

ぜひ下の関連記事(訪問記)もお読みください!

関連する記事

「小瀬鵜飼」タイムスリップしたような幻想的な光景に、心が透きとおる。

ポイント
せきチケ利用可
子連れ歓迎
遊び場
駐車場あり
詳しい情報
住所岐阜県関市小瀬76-3
WebsサイトWebsサイトWebsサイトWebsサイトWebsサイトWebsサイト
今オススメの場所
学ぶ
関市・市街地
関さんぽ
2021年3月、関市に新しい美術館が登場しました。 シンプルながら、目を惹かれる外観。 ...
Closed Now
行ってみたよ
イベント体験
2022年11月1日
マーゴからすぐの場所にある「倉知ふれあいセンター」でも、毎月第3木曜に「ふれあいマーケット」が開催されていると聞き、お邪魔しました! ...
さんぽ日記
2022年10月27日
ある日、桜が丘ふれあいセンターを訪れると、何やらキッチンカーが見えました。 「何だろう」 ...
イベント体験
2022年9月21日
岐阜県地方自治研究センターが2022年3月に発行の「関市のまちづくりの現状と課題」。 ...
さんぽ日記
2022年9月17日
皆さん、こんにちは。 皆さんは、「美濃和紙」って知ってますか? ...